雑草生活 ~weed

雑草を食べるブログ

キンミズヒキは苦み

スポンサーリンク

キンミズヒキです。

 

 

目 次

 

 

茹で時間は?

茎が固そうでしたが、3分で丁度いい茹で加減でした。湯気は、最初はキク科の匂いから2分経過後は青臭さ満点の匂いに変わっていき、あのコセンダングサを連想させるようないやな思い出が蘇りました。ゆで汁も透明から濃い緑色に変色してアクの強さを象徴するかのようでした。唯一茹でた後の色がおひたし色をキープしており、口に入れてもよさそうな状態でした。

コセンダングサは激マズ - 雑草生活 ~weed

 

味はどう?

最初は味も香りもなくシンミズヒキと同じかとおもいつつ、続けて噛んで飲み込む前に
じんわりと苦みが口にひろがります。決しておいしいものではありません。いや、まずいです。

 

食べられる量はどれぐらい?

じんわりとくる苦味、水気のないパサパサ感から多量に食べられるものではなく、せいぜいひと口までがいい所でしょう。

 

味付は必要?

醤油をつけても、まずさは変わりません。もう一度食べたいという気にもなりません。

 

食べた感触は?

茎の固さは生でもわかったものの、茹でても葉っぱに露ほども水気が含まれずパサパサ感満点です。シンミズヒキと同じように繊維質が口にのこり、噛み応えとは違う違和感が残ります。

シンミズヒキは味の特徴なし - 雑草生活 ~weed

 

キンミズヒキとは

茹でた時の匂いからキク科を連想させますが、バラ科です。シンミズヒキがタデ科なのに、花の色や葉っぱの縁(葉縁)の形状、大きさから別種と言えます。渋柿の渋の成分であるタンニンを多量に含んでいるため食材としての利用法はないようです。
生薬では、感想させた全草を龍牙草または仙鶴草として内服することにより抗菌、鎮痛、健胃作用があります。

 

www.e-yakusou.com

  

  

味 指 数

ほうれん草を最高値10、青汁を3とした場合の基準とし、0の場合、食べられない食材とします。
キンミズヒキ1

【まとめ】

 ・茹で時間は3分
 ・味は遅れて苦味、香りなし
 ・量としてひと口まで
 ・醤油でもまずい
 ・食感はパサパサ

 

花 言 葉

「感謝」
うーむ、何に感謝すればいいのやら。縁起物という意味での感謝なのでしょう。