雑草生活 ~weed

雑草を食べるブログ

葛はお茶のデガラシ

スポンサーリンク

です。

 



目 次

 

茹でた時間は?

若芽なので葉茎共に柔らかめのものをとったので3分で十分でした。さすがに道にはみ出た巨大な葉っぱを摘み取っても、裏の起毛がすごいしアクが強そうなので食べれません。生の葉茎はクズ独特の重い感じの臭いがしましたし、煮汁も緑色に変化していきました。

 

味はどれほど?

葉っぱ、茎共湯気の香りは消滅しています。最初のひと口では、無味と思いながら噛んでいくとざらつく感じの雑味がじわじわと出てきますね。けっして味としていいものではなく、出がらしのお茶に似たなんとも言えないまずさがあります。

 

食べられる量は?

味見のひと口では無味と思えながらも、その後の雑味がひどいためひと口が限界と言えます。

 

味付は必要なの?

 素材だけではまずいし、雑味を消したいため醤油をかけてみましたが、見事に雑味のほうが打ち勝ちました。結局不味いものはまずいだけでした。

 

食感はどんな具合?

味の不味さは置いておいて、食感「だけ」は優れています。噛み進めていく度にざらついた味がしてきますが、普通のオヒタシと同様の感触「だけ」は味わえます。

 

クズ餅(葛餅)の原材料なの?

そのとおりです。ただし葉茎ではなく、根っこを使います。こんにゃくのようにすり潰して煮てから灰汁を完全に出し切り、根っこのでんぷんを素材にして作るようです。夏は根が小さいので、秋以後に肥大してきたのを掘り起こしてから利用します。

なお、葛葉の汁はアレルギー症状を起こすこともあります。緑化の仕事で刈り取った葉茎をまとめて抱えるようにして片付けた作業を行った後、首のまわりがかゆくなったので汁には触れないようにすることをお勧めします。これは、自分だけでなく複数の人の共通した証言を得ています。

 

 

また、咳止めで有名な葛根湯もクズを原料にします。ブログ管理人は呼吸器が弱いため、頻繁に利用しております。

 

 

味 指 数

ほうれん草を最高値10、青汁を3とした場合の基準とします。0の場合、食べられない食材とします。
クズ:3

【まとめ】
 ・茹で時間は3分
 ・味はお茶のデガラシ、香りはなし
 ・量として豆皿まで
 ・醤油でも変わらず美味しくない
 ・食感は良い

 

花 言 葉

「活力」「元気」
そのものです。夏場は道路にはみ出るほどの勢いで成長しますし、少しは見習いたいものです。