雑草生活 ~weed

雑草を食べるブログ

ヒロハノレンリソウは甘い

スポンサーリンク

ヒロハノレンリソウです。

 

目 次

 

 

食べられるのかどうか?

マメ科は有毒雑草があります。クララ、オオルリシジミ、フジ、スイートピーなどがありますが、このヒロハノレリンソウは有毒ではありません。したがって可食です。

味はどう?

生だと青臭さ満点の香りがありますが、茹でたあとの香りはありません。噛むと甘味がでてきますが、その他の雑味、青臭さは一切ありません。

 

食べられる量はどれぐらい?

ひと口~豆皿までと言ったところです。

 

茹で時間、食感、味付は必要か?

葉っぱがチジミザサに似ているので、固いと思ったものの、3分の茹で時間で丁度よい固さでした。食感も噛み応え十分の固さで、何より噛むたびに甘さがじんわりと沁みだしてきます。甘味があるので、醤油とのマッチングもよく旨さはアップしました。

 

この雑草は?

宿根スイートピーという夏花です。雑草を採取したのは、1月なので、これから花芽をつくり、花を咲かせます。宿根草とは一度植えると、毎年必ず花を咲かせてくれる花を言い、普通のスイートピーは1年草なので毎年植える必要があります。

それに、まだ花期前なので実がなってませんが、実は有毒との東京都植物園のブログでは情報発信してますが、厚労省のDBには載せていないようです。

ヒロハノレンリソウ - 東京都薬用植物園 - 花をみるだけ

外来生物指定はされていないので邪魔な草花とは言えないですが、有効な利用法もないです。

 

  

味 指 数

ほうれん草を最高値10、青汁を3とした場合の基準とし、0の場合、食べられない食材とします。
ヒロハノレンリソウ:4

【まとめ】

 ・茹で時間は3分
 ・味は甘く、香りはなし
 ・量としてひと口から豆皿の間程度
 ・塩以外の味付けをすると旨さがアップする
 ・食感はよい
 

花 言 葉

「永遠の喜び」
意味が推測できないのが残念です。