雑草生活 ~weed

雑草を食べるブログ

ドクダミはやはり不味かった

スポンサーリンク

ドクダミです。

 

 

 

目 次

 

 

茹で時間は?

  茹で時間3分、煮過ぎでワカメのようにくたくた状態になりましたが、勇気を出して食べる人なら2分あれば十分という情報を提供します。湯に入れた瞬間に茶色に変色し、食欲を削ぐ色合いでした。匂いはとにかく「ザ・ドクダミ」そのもので、生はもちろん鍋に入れている間も「俺はドクダミだ!」と迷惑千万な匂いをまきちらしてました。

ほとんど食べられないと予想されたので、新芽に近いものを6枚程度摘み取ってきただけでも、匂いだけはすばらしい存在感でした。

 

味はどう?

不味いにつきます。香りが強すぎて口にいれた瞬間「こりゃ駄目だ」という絶望感に浸れます。

  

食べられる量はどれぐらい?

まったく食べられません。ひと口どころか、1回噛んで諦めました。おひたしの食材ではありません。

  

味付は必要?

 おひたしとしての食べ物ではありませんので、何をしても無駄です。

 

食でた感触は?

やわらかすぎるワカメを食べてるようで、気持ちわるい意外ありません。

 

ドクダミは嫌われ者?

とんでもありません。おひたしの食材としては、けんもほろろ的感想を言ってますが、これほど民間薬として有名な植物はありません。香りが強いだけで生体本体は無毒です。どくだみ茶は有名ですし、子供のころにはブヨ刺されにはドクダミの葉っぱをこすって充ててましたね。ペニシリン以上の殺菌力を持っているようです。

 

 

 


美肌効果もあるようですし、別名としての十薬の名に恥じない植物で、古来から人の生活にはかかせないものだったのでしょう。十薬は十もの疾患に使えるという意味の例えです。

  

 

  

味 指 数

ほうれん草を最高値10、青汁を3とした場合の基準とし、0の場合、食べられない食材とします。

ドクダミ0

【まとめ】
 ・茹で時間は2分
 ・味は香りが強すぎて味わうことができない。
 ・量はひと口でも食べられない
 ・醤油など付け足しても無駄
 ・食感はくたくたになりやすい
 

花 言 葉

「白い言葉」「野生」

飲み込んだ瞬間から頭のなかが真っ白になって灰になってしまうほどの、強い野性味をもった植物と言えます。飲み込んでませんが。