雑草生活 ~weed

雑草を食べるブログ

カキドオシは美味

スポンサーリンク

カキドオシです。

 

 

目 次

 

 

茹で時間は?

  葉茎共々固くないので3分で十分です。大地に生えている状態ではそれほど匂いませんが、摘み取った生の葉茎はミントと間違うばかりの香りをまき散らします。水洗いして1日置いてみましたが、香りの勢いはまったく衰えておりません。茹でている湯気の香りもミント臭をこれでもかと放出しており、妙に癒されました。煮汁の色に変化はなかったので、灰汁は少ないと予想できました。

 

味はどう?

ずばり美味しいです。香りの強い食べ物の場合、人により好き嫌いはあるでしょうが、葉っぱ茎共々、ミント臭とミント味がしつつもかなり食べられます。ハーブのような口と鼻に広がっていく具合ではないので、嫌味がない素材です。苦味や雑味はまったくと言ってありませんでした。

 

食べられる量はどれぐらい?

豆皿以上小皿まで十分いけます。味見で旨かったので、一気に3口まで素材のまま食べてしまいました。

 

味付は必要?

 素材だけでも十分おいしいですが、醤油でうまさは倍増します。これは野菜としてもいける素材ですし、醤油をつけた途端一気に完食してしまいました。

 

食べた感触は?

非常に良いです。オヒタシというシンプルながらも、和食の伝統料理ということを実感できる感覚があります。噛んでも嫌な味がしないのでおいしさを満喫できます。

 

カキドウシの他の利用法は?

しそ科なので利用法は多種あります。薬草としても著名な雑草のようです。
血糖値を下げるなど副作用のない雑草とみなされているようです。

薬効はこちらのサイトを引用します。

www.e-yakusou.com

食物としての他の利用法としては、乾燥させてから細かく刻んでお茶にしたりもできるようです。類似製品を試しに飲んでみたら、薄めのハーブ茶そのものですね。オヒタシと同様に雑味はまったくなく飲みやすかったです。ネットを除き、近所のスーパーなどではなかなか見つけられなく苦労しました。

 

 

また、アクが少ないのでサラダに使っている料理法も見かけますが、国立健康・栄養研究所によれば、ヒトでの安全性を証明する十分なデータは不足しているとの注意喚起もありますので過剰摂取にはご注意ください。オヒタシ食をしているのは、灰汁抜きで少しでも体の負担を少なくするための自己防衛です。

  

味 指 数

ほうれん草を最高値10、青汁を3とした場合の基準とし、0の場合、食べられない食材とします。
カキドオシ:7

【まとめ】
 ・茹で時間は3分で十分
 ・味は良く香りも抜群
 ・量として小皿まで食べられる
 ・醤油で美味しさ倍増
 ・食感は良い

  

花 言 葉

「楽しさ」
木陰や垣根の隙間に生息していてひっそり感がありますが、仲良く並んで鎮座している様を現しているのですかね?