雑草生活 ~weed

雑草を食べるブログ

スギナはパサパサで味気なし

スポンサーリンク

今回はスギナです。

 

感  想

茹で時間5分。

 

世間の嫌われ者の代名詞とも言える雑草。別名:地獄草!

強力な除草剤でも枯れない伝説を持つ雑草。

 

 

どうにも採取した時点でほとんど期待が持てない先入観がありました。
見事にそこら辺にある「草」そのもので、みずみずしさもなくパサパサしてて微妙なのです。


それでも茹で始めると、色がグリーンに変化してきて見た目は非常に綺麗になります。煮汁もほとんど着色されず、透明なままで変なニオイも出てきません。


茹であがったので、勇気を出して口に運んでみると、肝心の味はあまり特徴的なものはなく、噛んだ時の食感が強いですね。ただ、ひと噛み、ふた噛み・・・と何度噛んでも旨味が出てくるわけでもなく、苦味が強いわけでもなく味の特徴はありません。2口でやめときました。水気がまったくないに等しいので、佃煮にして食べるのがいいのでしょうかね。

  

味 指 数

ほうれん草を最高値10、青汁を3とした場合の基準とし、0の場合、食べられない食材とします。

スギナ:2.5
【まとめ】
・茹で時間は5分
・味は強い苦味、雑味感
・食べられる量はひと口まで
・醤油があってもまずい
・食感は茎が固い

 -

アルカロイド

スギナとその胞子茎である土筆にはアルカロイド系の毒が多く含まれています。スギナはそれほどでもないですが、土筆のほうが含有量が多いようです。心臓・腎臓の弱い人は食べるのは控えた方がよいようです。なお、スギナは酸性土壌のところに多く自生します。

 

花 言 葉

「向上心」「意外」「驚き」「努力」

これが人であれば、相当魅力的ですね。